先生

頭痛のズキズキを一発解消|原因をとことん追求

さまざまな症状

カウンセリング

人はいくつになっても健康的でいたいと考えるものです。年齢を重ねていくと筋肉が衰え始まる上に辛い関節痛を経験するようになります。そうなると、これまで快適に行なえてきた運動や歩行が困難になっていくでしょう。そうした身体状態においての不都合は、自分の生活に大きく支障をきたしてきます。年齢に関係なく生じる病気にはうつ病があり、一般的には心の病気として一括りにされています。うつ病と聞くと、精神面におけるテンションの上がり下がりに影響が出るのかと想像するものですが、体に生じる症状はそれだけに限りません。頭痛やだるさを含め、まさかの便秘や下痢などもうつ病による症状だとされているのです。これら身体面における症状は、日常生活の中で誰でも抱えやすい問題である為、ひと目にはうつ病を発症させているサインだと気づきにくいでしょう。

これまで偏頭痛を経験したことがない人が、慢性的な頭痛に悩まされるようになったらなぜこのような症状が発症するようになったのかと原因を追求するようにしましょう。うつ病による症状には頭痛を始めにネガティブ思考も含まれているので、最初の内は単に気落ちしているだけかと深く考え過ぎないケースが多いでしょう。しかし、うつ病の発見に遅れると発見されたときには症状の進行が進んでおり、完治を目指すことが難しくなることもあります。うつ病による頭痛には、通常の頭痛と比較して異なる特徴があるので、あらかじめ押さえておくと自分が抱える頭痛のタイプを知ることができるでしょう。

うつ病を発症させている人の多くは、頭痛の他に身体の至るところに痛みを抱えていると言われています。頭の他には腰や肩、胃などさまざまな箇所があるものです。頭に限らず、腰や肩や胃も一般的に異常をきたしたら痛みが生じる箇所になるので、うつ病発見を疑いにくいものです。頭痛の場合は、定期的に鈍く重苦しい痛みが続くという特徴があるので、自分が今抱えている頭痛と比較してみましょう。慢性的な頭痛に悩まされている人の多くが短時間で治まるのに対し、うつ病による頭痛に悩まされている人はその痛みが長時間続く為に大きな悩みとなっているものです。こうした身体への痛みの他に、うつ病発症のサインとなる食欲不振も含まれているので、周囲に短期間で痩せた人がいる場合には注意深く様子を見てあげましょう。まれに食欲不振に陥らないうつ病患者もいますが、ほとんどが食欲不振という症状が現れています。